BREATHE

BREATHE

備えあれば憂いなし

後悔先に立たず

濡れぬ先の傘
 
 
皆さん大なり小なり「もしも」に備え、
保険に加入していることと思います。

生命保険に医療保険、
がん保険、個人年金保険など
様々なものがあります。

自分や家族の年齢や経済状況で、
「種類」「期間」「金額」を選択しますが
専門的な知識や経験がないと
最適なものを選ぶのは難しいですよね。

私も職業柄、資産運用について
触れる機会は多いのですが、
それでも全て一人でするのは
なかなか難しいです。

だからこそ、だいたいの方が
窓口や電話で相談すると思うのですが、
担当者のスキルに大きく左右されますし、
最適なものをチョイスしてくれるとも
限りません。

自分で勉強する
複数の情報から判断する
良い人を引き寄せる(これが難しい)

そうするしかないかなと思います。
 
 
話は変わって、
とても個人的な内容になりますが、
保険会社に勤める友人お願いし、
先日、内容の見直しをかけて貰いました。

いつも仕事の話題になると
考えがチューニングされるような、
全幅の信頼を寄せる友人です。

その友人は、豊富な知識と経験、
磨き上げまくったスキームで
精鋭メンバーを率いて、
フルコミッションという厳しい営業職にも
関わらず、恐らく私の2倍以上、
会社から報酬を受け取ってると思います。
人当りの良さや統率力、地頭が良いという
ことはもちろんですが、
何か絶対的なものがないと
そのレベルの仕事には到達しないはずです。
何か絶対的なものがないと。
それは何か。
 
 
彼は、時折自分の顧客や
転職を含めた新入社員に尋ねるそうです。

「私達の仕事って何だと思いますか?」

返される言葉は決まっています。

『契約を取る仕事ですよね』

そうなります。
保険の営業と聞くと、
普通そう思いますよね。

そして彼は、それを否定することなく
次のように続けるのです。
 
「その方の最大限のプラスになるよう
サポートすることが私たちの仕事です」

契約は単なるスタートであって、
そこからサポート、フォローし続けて行く
ことが、笑顔を守っていくことが
仕事であると明言して、
ずっと実行しているのです。
 
 
誠実さ。
 
 
誠実であるからこそ、信頼が築かれ、
それに奉仕の心、ホスピタリティが加わり
良い関係、良い結果に繋がるのです。

奉仕といっても当然無償ではなく、
お金を頂いているという、
プロであるからこその提供。
時間や手間を惜しまず細かくヒアリングし、
その人に最適なものを提案し続けてきた
結果なのだと思うのです。

相談者に他社のプランが適していると
判断した際は、他社を提案し、
他社営業担当を紹介までするそうです。
独立系FPさながら。

私には、何枚もの丁寧な手書き提案書と
カタログを郵送してくれました。
メールで、資料添付やURLで
十分可能なのにも係らずです。

このような人物が友人でいてくれることを
誇りに思い、感謝します。
 
 
仕事をする上で大切なこと。
成長するため、成功するために
一番根底になければならないもの。
それは誠実な人であることです。

どれだけオンライン化が進み、
ネットでビジネスが成立しようとも、
売買がネット上で比対面完結しようとも、
人として生きていく以上、
やはり人です。
 
人としての魅力、誠実さですね。
 
 
 
(補足)保険は定期的な見直しをおすすめします

http://www.himawari-life.co.jp/