なぜゴールを設定するのか

なぜゴールを設定するのか

この世界に、
無限のモノなど
何一つないということを、
私たちは忘れてはいけません。

失ってしまうと、
取り戻せないモノばかりです。

人の一生。

朝を迎えるたび、
誕生日を迎えるたびに、
1日、1年と残された時間は
確実に減っていきます。

大切なのは、
ネガティブに捉えるのではなく、
日々をしっかりと
積み重ねてゆくことです。

私は、二十歳の頃、
バンドで大成することを夢見て、
もがいていました。

そして「夢を追う」ということを
免罪符かのように勘違いし、
定職にも就かず、
なのに行動もしない、
そんな自堕落な
時期もありました。

時間を確保したくて
選んだ手段の上に、
無駄な時間を無駄に
積み上げるという矛盾。

いつの間にか
焦っていた気持ちが、
今が永遠に続くかのような、
錯覚に変わっていました。

完全に目標が
霞んでしまっていたのです。

振り返ると、
今でも多いに反省します。

行動しない時間は、
無駄でしかありません。

「なぜもっと行動しなかったのか」
「なぜもっと努力しなかったのか」

生涯を終える前にする
後悔の例として、
有名ですよね。

そして、
闇雲に行動するだけでも
いけません。

浪費や無軌道、
遠回りを重ねるだけでは、
ゴールに辿り着く前に
タイムアップです。

無限のモノなど
何一つないのですから。

目標設定の大切さを説く方は
多くいらっしゃいますが、
私もその通りだと
思います。