乗り越えた壁を味方につけて

乗り越えた壁を味方につけて

いま何かに挑戦していますか?

なかなか先に進めずに苦しんでいますか?
 
 
目指す先が間違っていないか、

自分に相応しいのかと

迷うこともあると思います。
 
 
もっと楽な道はないのか、

もっと簡単な方法があるのではないかと

思いに駆られることもあるかもしれません。
 
 
それでもきっと

越えると決めた壁なら

越えるべきです。
 
 
手を伸ばし、足を掛けながら、

どう攻略するか必死に考えながら。
 
 
たとえ達成できなかったとしても、

その過程には、

迂回した道では絶対に手に入らないものが

必ずあります。
 
 
どれほど高いところで力尽き、

無惨に地面に叩きつけられたとしても

命を落とすことはないのです。
 
 
そして壁を越えたとき。
 
 
その壁はもはや自分の味方です。
 
 
向かい風が吹いたとしても、

それ以上後退しないための壁です。

大きな自信にも形を変えています。
 
 
壁を越え、

より高い地に降りたっています。

自分の立つステージは

そうやって上げていくものなのです。
 
 
挫けそうなとき。
 
私はこんなイメージをします。