もし出来ない理由をみつけてしまったら

もし出来ない理由をみつけてしまったら

できない理由ではなく、
できる理由を考えよう。

できない理由を探すより、
できる理由を探そう。

この言葉、一度は耳に、
目にしたことがありますよね。

「時間がなくて、、」
「お金がなくて、、」

出来ない理由や出来ない自分、
さほどの努力も継続もせずに、
正当化して、自己擁護して。
とても残念な行為です。

出来ない理由をみつけてしまったら。

もしみつけてしまったとしても、
絶対口にはしないでください。

そのセリフにはなんの意味もありません。
もしあるとするならば、
自分の価値を下げることくらいです。

モジモジ、ダラダラと
それらを並べるくらいなら
やらない理由、
やめる理由にした方が健全です。

「時間がないからやらない」
「お金がないからやめる」

よほど潔いです。

そして、
それでも続けるなら、
やめないのなら、
そこに立ち止まることなく、
出来るものを探して
始めればいいのです。

「時間がないからこれから始めよう」
「お金がないから今はこれを続けよう」

何も難しいことではないはずです。

目的や目標があって、
それに向かって行動すべきだ、
しなくてはならないと思うのなら。
 
 
現状に不満がある。
未来にも不安がある。
もしそうなら
変化させるしかありません。
動き出すしかないのです。

それが出来ずに
おかしなスパイラルに入ると、
そのうち外的要因かのような
言い訳を口にするようになります。

「家族があるから、、」
「環境が悪くて、、」

「頭ではわかっているんだけど、、」

そんな不甲斐のない現在が
未来を作ってゆくことを
理解しなくてはなりません。
 
 
出来るか出来ないかじゃない。

やるかやらないか。

いつでも、どんなことでも、
この二択しかありません。