自分を形成するモノから目を逸らさない

自分を形成するモノから目を逸らさない

卑怯だった過去さえも。