「 思考 」一覧

言い訳は何も生まない②

言い訳は何も生まない②

先日、年齢を言い訳にすることについて書いて、今回は思い出したかのようにその②を。         返信しなかったこと、連絡しなかったことの理由に『忙しくて』や『バタバタして』とい...

揺るぎないモノを持つ人たち

揺るぎないモノを持つ人たち

節操がない。 そんな風に言われたことはないし、言われたくないといつも思ってる。 いつもは言い過ぎか(笑) みんながやってるからとか、流行ってるからとかでただ乗っかるのは違う気がす...

言い訳は何も生まない

言い訳は何も生まない

誰かのせいにしたり、環境のせいにしたり、能力のせいにしたり、お金のせいにしたり。 自己嫌悪と罪悪感の間で、非を認めたくないことや、自分が被害者だと思いたいこともあるかもしれません。 そ...

November

November

2015年もラスト2ヶ月。 もっと加速したい。 もっと加速したい。 気持ちがはやるだけで、時間が足りなかったり行動が足りてなかったり。 もどかしい想いだけを募らせても仕...

利己的であることを認める

利己的であることを認める

いつかの、とあるお酒の席でのこと。 女性「私はメリットのない人とは付き合いたくないな」 男性「それってすごく自己中な考え方じゃない?」 僕「(心の声)そんなの当たり前だろう」 ...

この世界で一番傲慢な存在とは

この世界で一番傲慢な存在とは

これだけは許せない。 人それぞれあると思います。ポイ捨てという行為が許せない人は多いでしょう。僕もそうです。 友達や上司がした場合でも必ず拾わせましたし、大昔には見知らぬサラリーマ...

そして逆を考える

そして逆を考える

5月の初めだったと思います。facebookに返信機能がつき、コメントをツリー形式で返せるようになりましたね。※facebookをしていない方はすみません。想像でお願いします ある方の記...

人の痛みなどわからない

人の痛みなどわからない

十代の頃に感じ、今も変わらずそう感じます。どれほど近くにいても、血の繋がりがあったとしても。その人に成り代わることはできないし、その痛みを等しく覚えることなどできない。感じることしかできないの...

その永遠の一秒を抱きしめて

その永遠の一秒を抱きしめて

僕は田舎が嫌だと家を出たくちです。 音楽家への夢、都会への憧れ。 もうなんでも自分で出来ると始めた一人の暮らしは、親の庇護のもと始められただけの何ら自立でもなく、それまでも不自由な...

時の経過から生まれる新しい意識

時の経過から生まれる新しい意識

同じモノを見ているはずなのに、その時の立場や状況、思考や価値観の変化によって全く違った感じ方ができることがあります。 それまでの体験や年齢なども、違いを生む大きな理由のひとつになるのかも...

伝えたいモノとは

伝えたいモノとは

文中で触れられていますが、たしかにアイス・バケツ・チャレンジと被る印象はあります。 何を伝えたいのか。 その先に何を見ているのか。 せっかくのシェア、目的を置き去りにすることなく広めたい...

一億総情報発信時代に生きること

一億総情報発信時代に生きること

SNSやブログは、切り取った自分を誰でも気軽に発信することができます。 それらのインターネットメディアにはたくさんの活用方法があって、享受するモノもこれからどんどん大きくなっていくことで...

影響を受けるということ

影響を受けるということ

すし詰め電車の出勤に、残業で終電に滑りこむ帰宅。ラッシュアワー前の早朝出勤もありましたし、従うしかない命令や、勝手に膨れ上がるプレッシャー、感情をアルコールで沈める日々もありました。 も...

経験に勝るものなし

経験に勝るものなし

私の相棒SG’61は、リアポジションに標準のGIBSON'57 Classicではなく、DiMarzio DP155 ToneZoneというピックアップを搭載しています。いくつか載せ替えて来て...

場の役割と表現の自由

場の役割と表現の自由

SNSは議論の場ではない。そう私は考えています。 近況報告、自己表現、情報収集、啓蒙、宣伝、集客など。たくさんの人が複数の目的を持って、SNSを利用しています。大小様々なコミュニティがあ...

山積する問題を把握する

山積する問題を把握する

4年前のあの日。 地上25階、汐留に私はいました。その時の周囲のパニック状態や、交通網が全て麻痺し、10数kmを徒歩で帰宅したこと。その帰宅中、街頭で目にした信じられないニュース映像。今...