情報過多時代のキュレーションとアクション その重要性

40歳からは食べてはいけない病気になる食べもの

面白そうだったのでamazonに注文しました。

ターゲットが40歳とされているだけで、アプローチする内容に年代は関係ないでしょう。人工甘味料やトランス脂肪酸の危険性はもはや周知の事実ですし、炭水化物ダイエットのリスクも取り上げられる機会が増えているように感じます。

こういった情報をインプットする際に大切なのは、一つの情報を鵜呑みにしないということ。他の情報発信源を探したり、その根拠や反対意見を検証したりすることも重要な作業です。自分の実践結果が何よりも信頼できる、なんてケースも少なくないですし。

あと、物事を繋げて考えるとか、全体を俯瞰で見るとかも大事。『コンビニや中国産の食べ物は危険だ』と盲信的に言いながら、外食チェーンが常食といった謎な行動は避けたいところです。正常なプログラムを『スパムだ気をつけろ!』って言いふらしたりとかね(笑)
 

キュレーションとアクション。
 

上手に出来るかどうかが、これからもっと重要になります。
 
 

 
 

この記事をシェアする

木村綾司をフォローする

ブログランキング
木村綾司のランキングは?