新旧などに捕らわれることなく利点を理解する

新旧などに捕らわれることなく利点を理解する

一つ一つの情報がネット上にあったとしても、それらを自ら取捨選択し、体系立ててインプットするのはとても難しい。参考書や解説書は、それが出来るところに最大の利点を感じます。

虫食い状態な知識の穴埋めをしたい時もまた然り。というか、そんな時にこそ相応しいのかもしれませんね。

俯瞰的理解を深めることで、自分が発信する際にも必要なキュレーションセンスを磨くことが出来るはず。
 
 
これは良い本でした。

PD©APD©A