インプットの加速度は変えられる

インプットの加速度は変えられる

人はアウトプットによって

成長すると言われています。
 
 
OUTPUT=出力ですが、

発言する、行動する、実践する、

という意味でも使われます。

アウトプットをしなければ

新しい成果もなく、進歩もありません。

それを繰り返し行うことによって

成長できるということですよね。
 
 
それでは、インプットとは何でしょう。

当然、INPUT=入力となります。

簡単に言うと、学習する、知識を身につける

といったことになります。

実践から学ぶ、結果から習得する、

ということも勿論たくさんありますが、

学び(インプット)が先にある場合、

例えば、セミナーや講義、座学研修などが

先にある場合、

そのインプットの効率、

速度を決めるポイントが2つあります。
 
 
まず1つ目のポイント。

その学びの対象に興味を持つこと。

学生時代、好きな科目は簡単に覚えられた、

まった眠くならなかったなんてことは、

誰しも実体験があることだと思います。

興味関心があるとないとでは

大きな差があります。

その知識を身につけることで

自分にどんなメリットがあるか、

なぜそれを学ぼうとしたのか、

学ぶ必要があるのかなどを考えれば

気持ちのスイッチングも簡単でしょう。
 
 
そして2つ目のポイント。

アウトプット前提でインプットすること。

実際の実践や発信することをイメージして、

学んでいくということです。

そのイメージが具体的であればある程

吸収は速くなります。
 
 
簡単なことのようですが、

とても重要なことです。
 
 
もしインプットで苦手な分野があるのなら

意識してみてはいかがでしょう。

 
 

この記事をシェアする

木村綾司をフォローする

ブログランキング
木村綾司のランキングは?